【初心者向け】耳コピのやり方を解説しました

耳コピのやり方

耳コピできる人に憧れますよね。

ピアノがあればどんな曲でも伴奏付きでサッと弾けてしまう。

「なんてかっこいいんだろう。」

と思いつつもなかなかやり方がわからない。

そんな方のために、誰でもできる耳コピのやり方を紹介します!

「音楽経験がない…」
「音感がない…」

という方も大丈夫です。

耳コピをやってみることで次第に音感はついてきますし
コード進行の流れを理解するのにもとっても役立ちます!

ではではいってみましょう!

1、目指す耳コピのレベルについて

まずは、目指す耳コピのレベルについてです。

今回はこのくらいを目指します。

聴いてみてください。(音量注意)

♫スピッツのチェリーの耳コピ


今回はスピッツのチェリーを耳コピすることを目標にします!
右手でメロディーを弾いて、左手で和音を押さえられるくらいを目指しましょう。

2、準備するもの

目でみて鳴らした音がわかる、鍵盤楽器を用意しましょう。

ピアノやキーボード、電子ピアノがいいですね。

スマホのピアノアプリでもOK!

3、耳コピの方法

耳コピの順番です。

色々な方法があると思いますが、僕は以下の順番でやっています。

 Ⅰ、メロディーをコピー
 Ⅱ、ベースをコピー
 Ⅲ、コード(和音)をコピー
 Ⅳ、メロディーとコードを一緒に弾く

Ⅰ、メロディーをコピー

まず、曲の一番最初の音を鍵盤で探します。

最初の音と鍵盤の音が一致したら、あとはひたすらコピーしていきます。

音源を聴く

鍵盤で弾く

音源を聴く

鍵盤で弾く

・・・・・

の繰り返しです。

こんな感じになりましたか?(音量注意)

参考:チェリーのメロディー

初めて耳コピすると、ここが1番キツイです。
メロディーをコピーできた時の達成感を想像しながら(笑)頑張りましょう。

この部分は「慣れ」としか言いようがないです。
つまり、コピーした分だけ、次にコピーするのが楽になります。
達人レベルになれば、聴いた瞬間にメロディーが弾けるようになります。

1つ、朗報です。
曲のメロディーって、12個ある鍵盤(1オクターブ、ド~ドまで)のうち、7~9個くらいしか使ってませんよね。気付きましたか?

鍵盤の図
鍵盤の図

耳コピするときに鍵盤の図を書いて、出てきた音に印をつけてみましょう。

スピッツのチェリーでは、メロディーに
C、D、E、F、G、A、Bの7つの音だけが使われていますね。

鍵盤の図と印
スピッツのチェリーで使用している音

メロディーにどの音が使われているかわかると、
後々ベースの音をコピーするときに役に立ちます。

Ⅱ、ベースの音をコピー

メロディーの次は、ベースの音をコピーします。

なぜかというと、ベースの音がわかると、そのときに鳴っているコードを把握しやすくなるからです。

いや、「ベースの音がわかる=ほぼコードがわかる」といっても過言ではありません。

というわけで、ベースの音をコピーしましょう。
だいたいで大丈夫です。

やり方はメロディーの時と一緒です。(スパルタですね、、、)

ベースの音も基本的には、メロディーで使われている音と同じです。
だからメロディーの時に鍵盤の図を書いた人は、ベースの音の候補を7~9個に絞れるので楽ですね。

鍵盤の図と印
ベースの音の候補=メロディーと同じ音

以下、見本ですが、こんなにリズムまで細かくなくて大丈夫です。

参考:チェリーのベースのコピー

Ⅲ、コード(和音)をコピー

ベースのコピーができたらコード(和音)をコピーしましょう。

コピーというよりも、推測していきます。
ここが推測のポイントです。

鳴っているコードは、
ベースの音から1個飛びの音
ベースの音から1個飛びの音から、さらに1個飛びの音

であることが多いです。

例えば、ベースの音がGの場合、
Gから1個飛びの音のB、さらに
Bから1個飛びの音のD、を合わせて
つまり(G、B、D)であることが多いということです。

鍵盤の図(1個飛びの説明)
ベースの音がGの時のコード=G、B、D

ベースの音をヒントにして鍵盤の図を見て、鍵盤を鳴らしながら、
いい感じのコードになるか、耳を使って探っていきます。

Ⅳ、メロディーとコードを一緒に弾く

メロディーだけの練習、コードだけの練習をやって
両手で合わせてみましょう。

4、耳コピするのにオススメの曲

自分の弾きたい曲、好きな曲をコピーしましょう。
それが一番楽しいです。

ですが、弾きたい曲のコピーが難しすぎるという人もいるのでは?
ということで、コピーするのに優しい曲を紹介します。

1、Stand By Me
メロディーは聞きなじみがあり、使われているコードの種類が少ないので、最初の曲に最適です。

2、マリーゴールド(あいみょん)
あいみょんの曲はコード進行がシンプルでわかりやすいです。

3、チェリー(スピッツ)
ハ長調(Cメジャーキー)で基本的に白鍵しか弾かないので比較的簡単。
コードのほとんどがシンプルなダイアトニックコード(そのキーの和音)なのもあって、優しめです。

まとめ

今「できない」と考えている方も大丈夫です。
耳コピしているうちに音感がついてきます。

初めから「完璧にコピーしようぞ」よりも
「だいたい適当でOK」くらいの心持ちの方が楽しく続けられます。
僕の音源も適当だったりします。

やってみようと思った方は是非メロディーのコピーからチャレンジして
いろんな曲を弾いてみましょう!

それでは!